back.png

CBD JAPAN EXPO 2021 Autumn

11月5日(金)・6日(土) 南青山にてリアル出展で開催

CBDJAPAN EXPOは、CBD(カンナビジオール)とCBD製品に関するビジネスイベントです。

2021年4月21日、初めてオンラインで開催されました。

 

今回のCBD JAPAN EXPO 2021 Autumn は、CBD製品の市場活性化と消費者へのCBD製品に関する啓蒙、CBD業界および一般の方の交流の場を目的として開催されます。CBDに関わる皆様の協力のもと、CBD製品の正しい知識を広め、健全かつ活発な市場の育成を目指しています。

イベントは、11月5日(金)・6日(土)に開催される展示会と、11月5日(金)の夜に開催されるネットワーキングパーティの二部構成となっています。

展示会は業界関係者のみでなく、一般の方の入場も可能です。事前に来場受付が必要となります。

ネットワーキングパーティでは、オーストラリアで麻栽培を手がけている株式会社カンナバードの磯貝久氏、一般社団法人日本カンナビジオール協会の伊藤俊彦氏の登壇、出展企業・ブランド紹介などを実施予定。CBDに関連する皆様の交流の場として活用してください。

CBD業界を盛り上げ、CBDに関わる皆様と一緒に成長したいとお考えの方の参加をお待ちしています。

CBD JAPAN EXPO 2021 Spring については、以下ページにてご確認ください。

お申し込みはこちらから

  • 展示会 : CBD JAPAN EXPO 2021 Autumn
    11月05日(金)
    LIGHT BOX STUDIO AOYAMA
    11月05日 11:00 – 11月06日 18:00
    LIGHT BOX STUDIO AOYAMA, 日本、〒107-0062 東京都港区南青山5丁目16−7
    入場無料 ※要予約 11月5日(金) 11:00-19:00 最終入場18:30 予定 11月6日(土) 10:00-18:00 最終入場17:30 予定 業界関係者だけでなく、これからCBD事業をはじめたい方、CBDに興味のある方など、一般の方の来場も可能です。
  • ネットワーキングパーティ : CBD JAPAN EXPO 2021 Autumn
    11月05日 19:30 – 21:30
    WALL& WALL, 日本、〒107-0062 東京都港区南青山3丁目18−19 フェスタ表参道ビルB1
    参加費6,000円(税込)飲食代込 ※要予約 クレジットカード支払いのみ ※その他支払いの場合はPeatixにて 【登壇者】 株式会社カンナバード 磯貝 久 氏(リモート出演) 一般社団法人日本カンナビジオール協会 伊藤 俊彦 氏 業界関係者だけでなく、これからCBD事業をはじめたい方、CBDに興味のある方など、一般の方の来場も可能です。

ネットワーキングパーティは、Peatixでも受け付けています。

コンビニ・Paypal支払いが可能です。

展示会 出展者 募集中!

展示会の出展者を若干数ですが、引き続き募集しています。

​先着順で、枠が埋まり次第、募集終了となります。

詳しくはページ下部のお問い合わせフォームからご連絡ください。

​開催概要

●展示会

@LIGHT BOX STUDIO(港区南青山5-16-7)

11月5日(金) 11:00-19:00 最終入場18:30 予定

11月6日(土) 10:00-18:00 最終入場17:30 予定

来場者の入場は無料 ※要予約

●ネットワーキングパーティ

@WALL & WALL(港区南青山3-18-19-B1)

11月5日(金)19:30-21:30 受付開始19:00 予定

参加費6,000円(税込)飲食代込 ※要予約

【登壇者】 ※登壇の配信はありません

株式会社カンナバード 磯貝 久 氏(リモート出演)

一般社団法人日本カンナビジオール協会 伊藤 俊彦 氏

※内容は変更になる場合があります。

※当イベントは新型コロナウイルス等の感染症予防対策を実施した上で開催します。

ネットワーキングパーティ登壇者紹介

株式会社カンナバード

磯貝 久 氏(薬草研究家/ヘンプブリーダー/フォトグラファー)

2000年、シェフとしてオーストラリアに移住。旅の記憶を残す為に始めたカメラにハマり、雑誌を中心に記事を作り始め、2007年より担当したアメリカとカナダの医療大麻雑誌 “Treating yourself”(あなた自身で治癒しなさい)の影響で医療大麻の世界へ足を踏み入れる。

311で脳内ロムが切り替わり、バイロンベイの海の目の前に住み悠々自適だった暮らしを辞め、幼い子供2人連れて家族でオーストラリアを5年間旅し、エココミュニティーを転々としながらパーマカルチャーやバイオダイナミック、循環型社会のあり方などを学び、2015年、兼ねてから夢だった大麻栽培免許を取得し、旅を止め現在に至る。

地球の空き地に大麻を植えまくったら人類が抱えている問題など殆ど解決出来ると本氣で信じている夢想家。

​※リモートによる出演となります。

ito.jpg

一般社団法人日本カンナビジオール協会

伊藤 俊彦 氏

日本国内で安全に使用することが認められているカンナビノイドの一つ「カンナビジオール(CBD)」の基礎及び臨床研究の推進、更には各カンナビノイドの研究を目的として協会を設立。

カンナビジオールが大学や企業において法的、倫理的に問題なく研究が進められる環境を整備することで、既存の医療を補完する医療技術の開発、発展につながることを目指している。

海外の分析機関と連携し、違法成分であるTHCの精度の高い検査を実施。CBDに関するセミナーや企業に対するCBDの説明などビジネスのサポートも行っている。

お問い合わせ

送信が完了しました。

 

主催:CBD JAPAN EXPO 実行委員会
協力:一般社団法人日本カンナビジオール協会
事務局:RFA digital brains 株式会社